会社案内

medical links

自動車保険や労災保険における「後遺障害に調査を
 医療調査会社」

「後遺障害」は、身体的精神的な毀損を伴うという医学的に評価するという「医療的な評価」に関する医学的側面と、身体的精神的な毀損状態が労働等へ与える影響を「法律的な評価」に関する賠償的側面があります。つまり、被害者の「後遺障害」が適正に評価されるためには「医療」と「賠償」がスムーズに連携されることがとても重要です。

弊社の社名である「メディカルリンクス」には、この「医療」と「賠償」をつなぐことによって被害者の損害が適正に補償されるようにという弊社創立時の強い思いが込められています。多く被害者のために闘っている弁護士の力になれる存在であり続けたいと思いますので、ぜひお困りの事案がございましたらお気軽にご相談いただければ幸いです。

たちが目指すもの

医療と賠償のかけはし

我が国の自賠責・労災保険制度における「後遺障害」に関する審査は、自賠責保険であれば自賠責損害調査事務所が、労災保険であれば労働基準監督署が各認定基準を用いて審査しています。この審査にあたって重要なのは医師の診断ですが、医師が本来目指すのは病気や怪我を「治療」することです。つまり、医師は「症状の改善」を目指していますので、治療がうまくいかなかったことを意味する「後遺障害」に対して積極的になれないことは想像できます。

後遺障害の残存を証明するためには、障害が他覚的である必要があります。代表的な検査としてCTやMRIなどの画像検査がありますが、これらは本来、治療することを前提・想定して行われる検査です。したがって、医師の立場からすれば、治癒が見込めない障害に対して検査を行うことは消極的になるのです。しかし、医師にとっては非常識とも思える協力をお願いしなければ、被害者の補償が適切に行われません。

弊社は医療を担当する医師と賠償を担当する弁護士の間を取り持つことで「医療と賠償のかけはし」になり、被害者の後遺障害が適切に認められるよう社員一同努力と研鑽を積んでいます。

孤独に戦っている
弁護士の相談先

後遺障害に関する認定基準は、一部の表面的なものは公開されていますが、実質的な部分は公開されていません。そのため、表面的には基準を満たしているかのように見える事案であっても「想定される後遺障害が認定されない」という事案が発生します。

弁護士は法律の専門家ではありますが、医学部分は良くわからないという先生も少なくないと思います。他方で、弁護士が対峙する保険会社側には、「顧問医」をはじめ、「調査会社」や「医療スタッフ」など医療情報の検索・収集に長けた万全のフォロー体制が整っています。これに対して、多くの弁護士はひとり孤独な闘いを強いられているのが実情ではないでしょうか。

弊社は設立以来、県内外の多くの弁護士の先生方から声援と激励を賜り、これまでに多くの事案解決に協力させていただきました。これもひとえに、弊社の業務を必要としてくださる弁護士の先生方のおかげです。これからも日々の研鑽を怠ること無く常に、弁護士の信頼に足る存在で有り続けられるよう社員一同努力と研鑽を重ねて参ります。

適正な賠償実現への寄与

交通事故に関する後遺障害部分に対する補償は、賠償額全体の半分以上を占めることも多く、その割合が8〜9割である事案もあります。現在、後遺障害は第1〜14級に分けられ、140種類、35系列の障害に細分化されています。ただし、後遺障害のすべてが上記のいずれかに必ず分類されるわけではありません。適切な等級認定がなされない場合には、個別の補償を求めて裁判所で争うことも多いと思いますが、裁判官は自賠責保険における後遺障害システムに準拠して解決を図ろうとする事案が圧倒的に多いと聞き及んでいます。

特に多くの事案は「因果関係」や「外傷性所見の有無」という分厚い壁に阻まれます。証明できなければ被害者の負けという、罪なき被害者に背負わされた「立証責任」という名の十字架は、容赦なく被害者を追い詰めます。ジャーナリストの柳原三佳氏の著書「交通事故被害者は二度泣かされる」に冠されているように、一度目は事故そのもので涙を流し、その後の対応で被害者はさらに涙を流します。現実には、二度などというものではなく、もっと多くの涙を流している現実があります。弊社では、弊社の活動を通じて少しでも被害者,そのご家族の涙を減らすことができるよう、すべての社員が日々努力と研鑽を積んでいます。

代表いさつ

人身傷害事案を取り扱う多くの弁護士の先生方にとって、「医学的な立証」というものは大きな負担と感じておられるのではないでしょうか。
このような医学的立証に困難を伴う事案の多くで、医療機関側から協力が得られないために賠償請求等を事実上断念された事案もあろうと思います。

弊社はこのような苦境に直面する弁護士の方々をサポートすることを使命とし、弊社活動にご賛同いただいている医師・各専門家らと共に活動しています。
お困り事がございましたら、ぜひお気軽にご相談いただければ幸甚です。

今後も研鑽に励み、適切な補償・賠償の実現を目指す弁護士の先生方に対して、より良いサービスを提供できるよう精進を重ねてまいります。

代表取締役 川井 豪

会社概要

会社名 株式会社メディカルリンクス
所在地 〒812-0018 
福岡市博多区住吉三丁目9-1 カワイアーバンビルⅡ 511号
連絡先 Tel.092-775-9941  
Fax.092-510-7555
代表 代表取締役 川井 豪
業務内容

医療調査業

遠隔画像診断支援および画像診断報告書作成

医学意見書作成支援

交通事故に関する調査業務

各種セミナー、講習会の企画運営

交通事故調査