お知らせ・ブログ

2021/11/19

【一次調査】調査における必要書類について

「人身傷害に関する資料のほか、物件資料も重要です」

弊社の一次調査を始めてご利用いただく先生方からのご質問でもっとも多いのは「必要資料」に関するものです。調査にあたってどのような資料が必要になるかについては、事案によって多少は異なりますので基本的に必要になる資料を中心にご案内いたします。

自動車事故(自賠責・人身傷害事案)に関する事案の場合

  1. 交通事故証明書
    事故発生の事実を確認するために必要です。主に、受傷日、事故類型、人身or物件事故の確認、自賠責保険の有無等の確認を致します。
  2. 診断書・診療報酬明細書・調剤報酬明細書・施術証明書
    怪我の程度や治療歴等、人身傷害の程度の確認に必要です。
  3. 画像検査
    有意な画像所見の有無は大変重要ですが、いつ・どんな検査がされているのかというのも、一部の事案では大変重要になることがあります。基本的には治療期間中に撮影された全ての検査が必要です。
  4. 実況見分調書等の刑事記録・物損資料
    受傷機転や事故規模の確認のために必要な資料です。受傷疑義等の事案では多くの場合で物損規模がかなり軽微であることが多く、受傷・症状の程度にかかわらず確認させていただいています。
  5. 医療照会文書
    任意保険会社(一括社)や自賠責損害調査事務所が取付けた医療照会文書が存在している場合、例えば、自賠責保険の後遺障害認定通知の別紙理由書に医療照会文書が内容が摘示されているような場合には、特に等級認定評価上大きな影響を与えていることが想定されますので、必ず必要になります。
  6. 自賠責保険関係資料
    既に等級認定結果が出ている場合には、認定通知書や理由書、後遺障害事案整理表等の資料のご提出が必要になります。
  7. 診療録
    症状の出現時期や治療内容、症状の推移を確認する必要がある場合には確認が必要になります。事故と症状の相当因果関係を否定されているような事案の場合には特に必要になります。
  8. 訴訟関係資料(主張書面等)
    意見書作成前の一次調査など、既に訴訟が提起されている事案についてはご提出をお願いしています。原告および被告双方の主張内容を確認が必要です。

交通事故調査に関する事案の場合

  1. 実況見分調書等の刑事記録・物損資料・物件事故報告書等
    事故態様の確認のために必要になります。物件事故対応の場合には物件事故報告書のお取り付けをお願いする場合もございます。
  2. ドライブレコーダー映像
    加害者・被害者双方の映像があればなお良いですが、どちらか一方の映像があればご提出をお願いしています。
  3. 事故発生状況報告書
    加害者や被害者ご自身が事故状況を説明した文書があればご提出をお願いしています。

その他の事案の場合

医療過誤や施設内転倒事故などの施設賠償責任保険に関する事案については基本的には自賠責保険の資料に準じたものが必要になります。詳細については、お手数ですが調査見積のご依頼時に個別にお打ち合わせさせていただければと思います。