お知らせ・ブログ

2021/11/12

【医学意見書】意見書発行にあたっての一次調査

「医学意見書の発行に関する事前調査」

現在、弊社の主幹業務になりつつある医学意見書サービスですが、ご依頼にあたっては「一次調査」のご利用を強くおすすめしております。

意見書発行前の一次調査とは?

医学意見書の発行については、多くの弁護士の先生方は「被害者にとって有利な内容の意見書であれば作成をお願いしたい」との思いがあると思います。これは弊社としても、数十万の費用が発生すれば、これに対する結果(見返り)を期待するのは依頼者側としては当然の市場原理であることは十分に承知しています。

一方で、意見書を担当する医師をはじめ、弊社調査員等は、膨大な医療記録を具に確認しなければならず、この確認を怠っては意見書としてどのような結論となるのかを事前にお示しすることは不可能です。つまり、この意見書を作成するにあたって行う当該確認作業が、意見書業務の大半を占めていると言っても過言ではありません。

しかし、そのような事情があるとはいえ、良いも悪いもわからない状態で数十万の金額をご負担いただくのは弊社としても心苦しさが残ります。現に、障害に苦しんでおられる被害者に「交通事故との因果関係は認められない」という内容の意見書を数十万を頂いてお渡しするのは、弊社としても極力避けたいのが本音です。

そこで、弊社ではこの事前確認について一次調査サービスである医療争点調査としてお引き受けし、あらかじめどのような内容の意見書であればお手伝いできそうか、または意見書としての有用性に関する調査会社としての見解をお伝えさせていただきます。基本的には3万円にてお引き受けし、お電話またはZOOMによってご報告させていただきます。報告書形式の場合には+3万円(顧問事務所様は+2万円)にて対応させていただきます。

一次調査を経ない医学意見書のご依頼について

一次調査による事前確認を挟むことにより、最終的に医学意見書をご依頼する上での総額が増加してしまうという懸念もございます。これに対しては、一次調査を経ずにご依頼いただくこと自体は可能です。ただし、この場合には仮に被害者様にとって不利な内容の結論になってしまう可能性があることは予めご了承いただくことになります。意見内容の如何による中途キャンセルはお受付できかねます。また、一次調査を経た医学意見書のご依頼の場合には、通常、ご発行前に費用の半額を、意見書発行時に残額をご請求させていただきますが、一次調査を経ないご依頼の場合には、着手時に全額をお支払いいただくことになります。